アルバイトと正社員の格差

アルバイトは誰もが1度は経験したことがあるのではないでしょうか。経験のない方のほうが少ないことと思います。今の世の中、様々な場所で多くのアルバイトの方々が活躍しています。多くの飲食店などではアルバイト、パートの存在なくしてはお店そのものが成り立たないのではないかと思います。

しかし現在の日本ではアルバイトの地位は低く見られがちなのではないかと私は考えています。やっている仕事の内容はアルバイトの方が圧倒的に実務的なものが多いでしょう。では正社員とアルバイトはなにが違うのでしょうか。社会保障、会社での地位、福利厚生、どれも私が考えるにお客様の満足につながる物の違いだとは思えません。

しかし現状アルバイトの社会的な地位は低く、正社員との待遇の格差は大きいと思います。

確かに扶養に入っているので時間的な制限がある、若い方は長く勤めてくれないなどアルバイトの側に要員がある場合も多々あるかとも思いますが、それでもこの日本を社員と同じく支えていることに間違いはないはずです。国の好不況にも左右される部分も多いのでしょうが、最近はアルバイトの人手も足りない状況が続いていると聞きます。そんな中主婦の方が2,3時間だけ働く短時間アルバイトなるものもでてきたそうですね。

人手が足りなくなりつつある現状で今1度すべての仕事が見直されアルバイトの大切さ、待遇格差が少なくなることを願っています。

www.000webhost.com